セラミックス吸音材(カバナス)を一体成型したスパンクリートの音響性能について 

カバナス使用例

1.概 要

 高い遮音性能が要求される、工場や鉄道、高速道路の防音壁について、スパンクリート外壁板が、吸音材と併用で採用されるケースが増えています。
 しかし、吸音材の施工は、スパンクリート工事が完了してから行うことになる為、元請業者にとって仮設工事や工期の面で、管理上大きな負担となっていると聞きます。
 このため、これらの不都合を解消すべく、スパンクリートにセラミックス吸音材(商品名:カバナス)を打ち込み一体成型として、スパンクリート吸・遮音パネルが開発されました。
 このパネルは、既に大阪市舞洲清掃工場の外壁に、大々的に採用され、好評を得ていますが、このたび(財)ベターリビング筑波建築試験センターにおいて、一体成型品の音響性能確認試験を行いましたので、結果をご報告します。

2.試験機関および試験方法

1)試験機関   財団法人 ベターリビング筑波建築試験センター

2)試験方法   JIS A 1409 に定める「残響室法吸音率の測定方法」による
           JIS A 1416 に定める「実験室における建築部材の空気音遮断性能の
           測定方法」による

3.試験体

 本試験に供した試験体の仕様は、以下の通りです。
内観図、断面図、断面詳細図

4.試験結果

 試験結果は以下の通り(参考までにスパンクリートと、カバナス単体のデーターを併記)
音響透過損失、吸音率
音響透過損失、吸音率

5.考 察

 グラフより以下の点が読み取れる。
 1)カバナス打ち込みパネルの透過損失は、バナスの重量が加わった影響もあると思われるが、同厚のスパンクリート単体壁を大きく上回り、1ランク上のパネルをも超える性能がある。
 2)カバナス打ち込みパネルの吸音率は、カバナス単体の吸音率曲線とほぼ同じ性状を示すが、性能値は、500ヘルツより低音域に於いては、厚35mm厚65mmの中間、500ヘルツを超えると、これらの数値を下回る。
 厚65mmとの数値差は、目地や周辺のへりあきを有することによる、吸音面積の差と思われる。

参考

■カバナス打ち込みパネルの付着強度試験

1.試験日

    試験日   : 平成12年4月28日

2.試験体

    平成12年3月16日打設の、付着試験用カバナス打ち込みスパンクリートパネル

3.カバナス打ち込みスパンクリートの制作仕様

   試験体制作図は下記による
内観図、断面詳細図

4.試験要領

 1)カバナス(250mm×120mm×65mm)に、エポキシ樹脂にて貼り付けた鉄板を、センターホールジャッキにて引っ張り、破断時の引張荷重を測定する。
 2)試験体は、4体とする。

5.試験結果

試験体 符号 引張荷重
kgf
引張面積
cu
付着強度
kgf/cu
平均
kgf/cu
破壊状況
No.11 A 840 (25×12)
300
2.8 2.92 母材破断
B 1040 3.47 同上
C 900 3 同上
D 740 2.4 同上
* カバナス一個当たりの付着強度は、接着面積300cuとして、約876sとなり、1個当たりの重量約1sを大きく上回る。

カバナス打ち込みパネル関連写真

曝露中の外観
曝露中の外観

<付着性能試験>

<剥離試験>
破断面
破断面
パネル破壊時の追従性
パネル破壊時の追従性

新着情報一覧に戻る

++ ツルガスパンクリート株式会社 ++
〒531-0072 大阪市北区豊崎3-9-7
TEL 06(6374)1245 FAX 06(6371)3823
Copyright (C) 2003-2006 TSURUGA SPANCRETE Co.,Ltd.