スパンクリート合成床で工期短縮 

地上40階建て高層集合住宅

地上40階建て高層集合住宅でスパンクリート合成床を採用し、1フロアー行程6日が実現されました。

 2003年7月現在、阿倍野再開発地区で建築中の「阿倍野A1地区第2種市街地再開発事業A3棟建設工事」(元請け 竹中・東急・長谷工・松村共同企業体)では、柱・梁のPC化と同時にスパンクリート合成床工法を採用し、1フロアー行程6日が実現されています。
 25p厚スパンクリートを使用することにより、9.5mスパンを大型化することにより作業効率の大幅アップに貢献しています。

新着情報一覧に戻る

++ ツルガスパンクリート株式会社 ++
〒531-0072 大阪市北区豊崎3-9-7
TEL 06(6374)1245 FAX 06(6371)3823
Copyright (C) 2003-2006 TSURUGA SPANCRETE Co.,Ltd.