穴あきPC板合成床工法大型スラブの長期たわみ性状 

 某RC造・地上6階建ての集合住宅1階部分を利用して、5種類の工法により、内法面積120u(梁心12.4m×11.4m)の大型スラブの長期載荷実験が、平成13年6月から実施されております。
 工法は、以下の5種類で実施しました。スラブ厚は、1〜4が350mm、5が300mmです。

1 鋼板ボイド内蔵スラブ
2 プレストレス導入トラス筋付きポリスチレンボイド
3 穴あきPC板合成床工法
4 プレストレス導入リブ付きPC板ポリスチレンボイド内蔵スラブ
5 アンボンドPC鋼材を使用したRCスラブ

合成床長期たわみ測定結果

 その結果、675日経過時の長期たわみ倍率を算出したところ、1.43〜3.26倍との結果が得られ、その中でスパンクリート合成床工法は、1.43倍と最も長期たわみが小さいとの報告が出されています。

 最近大型化している集合住宅のスラブ工法には、穴あきPC板合成床工法が有利な工法と言えます。

新着情報一覧に戻る

++ 株式会社 ツルガ ++
〒651-2233
神戸市西区櫨谷町福谷339-2
TEL 078(991)1956 FAX 078(991)1277
Copyright (C) 2021 TSURUGA  Co.,Ltd.