京都大学桂キャンパス 総合研究棟Vへの出荷完了 

京都市西部の桂御陵地区で、京都大学の新キャンパス建設プロジェクトが平成11年から進められており、約35haの敷地に平成21年までに工学系大学院の研究施設を中心に、国際的学術拠点を完成させる計画となっております。

今回のプロジェクトでは、新しい発注システムとしてPFI方式(*)がとられており、総合研究棟Vは特別目的会社から竹中工務店に発注されたものです。


出所 竹中工務店大阪本店
安全衛生協力会会報「かがやき」

この研究棟Vでは、当社のスパンクリートが合成床として約10千u使用され、このたび出荷を完了しました。

(*) PFI方式とは、民間の資金、経営能力、技術的能力を活用して、公共施設等の建設、維持管理、運営などを行う手法のこと。

新着情報一覧に戻る

++ ツルガスパンクリート株式会社 ++
〒531-0072 大阪市北区豊崎3-9-7
TEL 06(6374)1245 FAX 06(6371)3823
Copyright (C) 2003-2006 TSURUGA SPANCRETE Co.,Ltd.