北陸新幹線・福井駅高架橋他の「防音壁」出荷完了!!

                                                             
 
 
 北陸新幹線は東京を起点として、長野、上越、富山、金沢、福井等の主要都市を経由し新大阪に至る延長約700qの路線で、高崎・長野間は既に平成9年10月から営業運転が行われています。
 又、「長野・上越間」は平成10年3月に、「上越・富山間」は平成13年5月に、「富山・金沢間」及び「福井駅部」は平成17年6月にそれぞれ着工し、順調に工事が進んでいます。
 こうしたなか、「福井駅部」についても工事区間(約800m)全域にわたり、前田建設工業JVのもと平成20年度末(平成21年2月予定)完成に向けて高架橋や橋梁の建設が進められています。

   
福井駅 線路側(内側)より
北陸新幹線使用状況 在来線側より
 

 この内、防音壁工事については、当社のスパンクリートが約2,600u採用され、平成20年11月で納入を完了しました。 
 尚、東北・上越・九州・北陸(長野)の各新幹線で、既に営業運転を行っている地域の防音壁についてもスパンクリートが採用されており、又、現在工事が行われている地域も含めて、各地のスパンクリート製造会社が納入しています。
 これは、スパンクリートの遮音性能、耐凍結融解性能等が評価されたものと思われます。

       
     
     

トップページに戻る

++ ツルガスパンクリート株式会社 ++
〒651-2233
神戸市西区櫨谷町福谷339-2
TEL 078(991)1956 FAX 078(991)1277
Copyright (C) 2003-2016 TSURUGA SPANCRETE Co.,Ltd.