品確法劣化等級に関する特別評価方法大臣認定を取得しました!!

                                                             

   スパンクリートに使用するコンクリートについて、住宅の品質確保の促進等に関する法律
  第58条第1項の規定に従い、特別評価方法認定を取得しました。

   スパンクリート合成床は、普通ポルトランドセメントに粉体比 20%〜 40%高炉スラグ微
  粉末を混入したコンクリートにより、劣化等級 3及び2の性能が認められることとなりました。

   
コンクリートの促進中性化試験によると劣化等級 3に相当する 90年の中性化深さ予測
  値、劣化等級 2に相当する 60年の中性化深さ予測値は、表−1 となり、品確法で決めら
  れているかぶり厚さの10分の1以下という優れた対中性化抵抗性能が確認されました。

 

表−1                             

  劣化対策等級   耐用年数の目標値   区分    最小かぶり厚さ   中性化深さ
             90年   屋内        20o     2.0o
  屋外       30o     1.5o
      2       60年   屋内       30o     1.7o
  屋外       30o     1.3o

   品確法劣化等級 3に規定されている普通ポルトランドセメント、水セメント比 50%、ス
  ランプ 18pの比較試験体(基準配合)とスパンクリート用コンクリートの促進中性化試験
  結果から、屋外での耐久年数と中性化深さの関係を示したグラフを図−1に示します。
  
               
 促進中性化試験は、JIS A 1152−
2002 「コンクリートの中性化深さの測定
方法」およびJIS A 1153−2003「コン
クリートの促進中性化試験方法」に基づき、
試験体を炭酸ガス濃度5%のチャンバ−内
で試験材令26週まで養生し、中性化深さを
測定しています。実験での26週は、通常の
屋外での50年に相当します。 
                図−1

   スパンクリートに使用する高炉スラグ微粉末4000は、JIS A 6206−2006(コンクリート用
  高炉スラグ微粉末) に適合する製品で、 長期強度の増進、 水密性、 化学抵抗性、 アルカリ
  骨材反応の抑制に効果があります。
   混入率 40%の場合、 平成13年度にグリーン購入法の特定調達品目に指定された高炉セ
  メント B 種に相当する高炉スラグ量となり、 型枠材不要の工法とともに、 環境負荷の少ない
  製品となっております。
  
 

   

               
 

トップページに戻る

++ ツルガスパンクリート株式会社 ++
〒651-2233
神戸市西区櫨谷町福谷339-2
TEL 078(991)1956 FAX 078(991)1277
Copyright (C) 2003-2016 TSURUGA SPANCRETE Co.,Ltd.